診療のご案内

医師紹介

Topic

アクセス

症例集

FAQ

BBS

e-mail漢方相談

近代漢方の理論

はじめに
近代化のあらまし
生薬の記号表現
生薬の分類
主要生薬の図譜
薬方の分類
薬方の図式表現*1
薬方の図式表現*2
参考文献
勉強会

書籍販売

診療費改定のお知らせ

自由診療とは
近代漢方の理論
近代化のあらまし
東洋医学にはさまざまな概念があります。陰陽、五行、冷熱、気、血、水などなど。
しかし、もっとも重要な概念は人間の体を全体として捉える視点ですールドルフ・ウィルヒョウの
“細胞病理学”に対してあえて名前を付ければ“個体病理学”。この概念がなければ東洋医学はあまたある代替医療のひとつにすぎません。
漢方薬は普通、複数の生薬からできあがっています。そして大きく、発汗に関連した汗方剤、寫下に関連した下方剤、利尿に関連した和方剤に分けられます。
解析のためまず、生薬を漢字名にかわってアルファベットの省略記号で表すことにしました(次章)。次に和田正系著“漢方治療法提要”に記載されている155処方中におけるその使用頻度から生薬を分類しました。

慈温堂へのメールフォームこのページのトップへ